小児歯科

小児歯科

小児歯科について

小児歯科

乳歯の奥歯が生えてくる3歳ごろ、そして永久歯の奥歯が生えてくる6歳ごろ。このころが、一番むし歯になりはじめやすい時期と言えます。

虫歯治療はもちろんですが、当院ではお子様の健康的な永久歯列への育成を目的とした管理、衛生指導を行います

虫歯予防や歯並びの定期的な管理を中心に行っていきます。

子供の歯も、予防が大事で す。

子供の一生に関わる問題であり、お父さんやお母さんでなければしてあげられないことですから、ぜひ、お子さんの歯を守ってあげてください。

3つのポイント

当院の小児歯科では、以下の3つについて重点的に診療しています。

1.まず、徹底的に予防をします。

2.もしむし歯になってしまったら、小さいうちに適切に治療します。

3.むし歯になりにくくなるように、歯並びやかみ合わせの治療もします。

小児の虫歯予防のポイントは、お父さんとお母さんです。乳児から幼児の間に、むし歯の原因菌であるミュータンス菌が家族から赤ちゃんに感染してしまうと、その子は一生ミュータンス菌が口の中にすみついてしまいます。

つまり、乳児から幼児の間にミュータンス菌を増やすことなく過ごすことができて、さらにきちんと歯みがきができるようになれば、むし歯になりにくいお口の状態のまま成長できるということです。

「乳歯は永久歯に生え変わるから、むし歯になっても大丈夫!」

この考えは大間違いです!

お子さんの歯がむし歯になっても、「まだ乳歯だし、いずれ永久歯に生え変わるから、むし歯になっても大丈夫だろう」と、お子さんのむし歯をまったく気にしなかったり、放ったままにしてしまうお父さんお母さんがいます。

でも、1本1本の乳歯の下には永久歯もうちゃんと存在していて、大きな意義をもっています。

乳歯を虫歯にしてしまうと・・・

乳歯が大きく崩壊したり、自然に永久歯に生え変わる時期よりも早く抜けてしまうと、隣の歯が倒れて(寄って)きて、永久歯の生えるスペースを奪っ てしまうことがあります。そうなると、後から永久歯が生えてこれなくなったり変な位置に生えて…など、歯並びが悪くなってしまいます。

・乳歯が大きなむし歯になると、その下の永久歯の質が弱くなって、一生むし歯で苦労することがあります。

お子さん自身は、むし歯のこわさやその苦労を知りません。大切なお子さんにあの苦労をさせないように、お父さんやお母さんが、お子さんの歯を守ってあげてください。

小児歯科の治療方法

できるだけむし歯にならないように、むし歯の苦労を今の子供たちにさせないように、当院では徹底した予防治療を心がけていますが、もしもむし歯になってしまった場合には、大人と同じように治療を行ないます。

そのために、できるだけ痛くない治療を心がけています

3歳を過ぎれば泣く子はほとんどいませんし、押さえつけたり大声で叱ったりしながらの治療も一切しません(当然のことです)。

「なぜこの治療をするか」「どういう治療をするか」をお子さんに理解してもらい、治療は痛くない、こわくないと分かってもらえれば、大人と同じむし歯治療ができます。

むしろお父さんお母さんが、「子供がちゃんと理解できるかしら」「どうせ説明しても分からないから…」と思っていることの方が多いのですが、お子さんでも、3歳を過ぎると、しっかりと説明すればそれを子供なりにきちんと理解して、大人と同じように治療することができます。

患者様の声 歯科ブログ

医院案内

〒213-0033
川崎市高津区下作延4-27-10 フォンテ.カミーノ1F
TEL:044-872-8664
FAX:044-872-8664

診療時間

月・火・水・金

9:30~13:00/14:30~19:00


9:30~13:00


9:00~13:00/14:30~18:00


9:00~13:00
日曜診療しています。

休診日
木曜午後・日曜午後・祝祭日

医院までの地図